地獄の担担麺とサイエンスバー@大久保と四谷三丁目

こんにちは

寒くなってきましたね。

寒くなってきたらといったら、、、、やはり担担麺しかないでしょう。

前からず~っと行きたかったところがあったのですが、ついに胃をw決して行ってきました。

ばすん。

決戦の場は、地獄の担担麺さんです。

ドクロがこちらをにらんでいます。

店の外に券売機があるので、じっくり吟味することができます。

こちらは、担々麺専門店でして、つけ麺とラーメンから担担麺を選択することができますよ。

私は、担々麺1本勝負だったんですが、迷うのが辛さです。

地獄の担担麺 飢餓(10辛)850円、阿修羅(15辛)900円、血の池(30辛)950円、無限(?辛)1100円、 、、、

本当は無限に逝きたいところでしたが、初訪ということもあり、びびって血の池(30辛)注文にしてみました。

たのもー

店内も外観と同じく真っ黒でした。

お昼時だったんですが、空いてるのがよかったです

ゆっくりできますね

店内探索。

卓上は、私の大好きな花椒があります

よしよし。

わくわくしてたらきましたよ~

いえい。

真っ赤な血の海とともに担担麺がきました

ひき肉たっぷり。

家系を彷彿とさせるほうれん草ののりも良いです

では、スープからいただきます。

れんげが沈んでいく~

濃厚な血の海に黒い蓮華が沈んでいきます。

っていうか、濃厚~~~~

クリーミー且つ濃厚。

色んなスパイスがあいまみえています

胡麻もふんだんに入ってるような気がします

あ、辛さは全然だったかも。

麺は、このスープに負けないように中太でしょうか。

絡みます。

おいしいわ~

ちょっと刺激が足りなかったので、卓上の花椒をぱらりと。

痺れ始めました。よし。

血にそまったほうれん草もじゅわ~っとおいしい。

スープを飲んでるつもりはあんまりなかったんですが、めっちゃ減りました。

絡みがいいんでしょうね。

これは、はまるのが分かるような気がします

お次は、無限にチャレンジしたいと思います。

お次。

画像が少し少ないような気がするので、最近行った面白いバーでも紹介したいと思います。

荒木町にあります、その名もサイエンスバー。

科学をコンセプトにしたバーです。

マスターは理系出身、研究が大好きな方で、バイトの方も理系出身じゃないと入れないみたいです。

さすが、徹底してますね。

お通しは、試験管に入ってます

お酒はビーカー。

緻密な計算の元に作られていますよ

こちらでは実験を兼ねたお酒も提供しています。

イチゴのDNAを作るって言ってましたっけな~

真剣。

チーズは、こんなかんじで寸分狂いもなくカットされて

小学校の理科の実験のときに使いましたね

こちらであぶっていただきます

何気にうまい

さながら実験チックでしょう。

そうそう、このお店に入るときは、入口で白衣を貸し出してくれるので気分が上がります。

あー、おもしろかった。

また実験に伺いたいと思います。

ごちそうさまでした~

↓おもしろかったらポチっとお願いします

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。